まなびの樹 まなびの樹

ブログ BLOG

2021.10.14

定期テスト2週間前のサイクル

今回は中学生が何度もやる定期テスト前のサイクルについて。

中間テスト前の方も、期末テストに向けて準備している人にも参考になればと思います。

追い込まなくても余裕のあなたは以下のようなサイクルでがんばらず、日常の学習通りに進めてください。

 

◯基本的なスケジュール

おすすめのサイクルは以下になります。普段は学校の宿題と塾でかるく勉強をしている、というレベルの子を想定しています。
何もやっていない!という子はやりきれないと思いますので、教科や範囲を絞って点数を取りに行くことになると思います。

 

・2週間前〜1週間前

部活動もまだある時期ですが、テスト範囲の問題を教科書や問題集を使って一通り一度解きます。この時点ではできないことが多くてもOKです。目的はどこがわからないのか本人も先生も認識することが大切です。余裕があれば、まとめノート等を作りながら学習してきた点を整理しましょう。

また、この時期に記憶形の範囲をクリアするために単語帳や漢字、古典等をまとめることをお勧めします。1週間前になったら、毎日小テストをするためです。

まとめノート、単語帳は常に作っている!というそこのあなた、最高の学習習慣をすでに身につけています。

作っていない人は是非作りましょう。ノートを作ることは自分の頭を整理することと同じです。わからない点があれば、ノートにメモをして、先生に聞きましょう。

問題集を解くことも大事ですが、まとめノートは受験の時にも見直して復習できるので、長期的に見たら必要なことだと思っています。

 

・1週間前〜前日

自分が理解していない範囲を重点的に復習です。教科書を再度読み込んだり、先生に聞いたり、自分でまとめノートを作っても良いですし、一度やってできなかった問題をとことん理解します。その上で、再度できなかった問題を解いてクリアします。ここが一番時間がかかるので、部活がないこの期間、学校から帰って勉強し始めれば1日6時間時間を確保してもまだ12時にはなっていないはずです。

また、記憶形のものを毎日小テストを繰り返しながら頭に叩き込みます。この方法はテストが終わるとスッカリ忘れてしまう方法ですが、目の前のテストで点を取るためにやるしかありません。

普段部活で鍛えた集中力を発揮する期間です!追い込みに追い込みましょう。

 

・前日

個人的にはしっかり勉強してきたことを当日ど忘れして泣いたことが何度もあります。。そんな勿体無い点の失い方をしないように勉強してきたことをしっかり見直します。記憶形の単語や漢字等々、覚えていれば点が取れる内容を見直します。

 

・当日

ギリギリまで記憶形のものを見直しましょう。
エビングハウスの忘却曲線を思い出して、ギリギリまで記憶を引き出す時間に当てましょう。

 

・試験後

テストが終わって、やった勉強やらなくていい!と思って何もやらないと受験時に大変になるだけです。。。テストが返ってきたら、受験に向けてしっかりと復習し、できなかった問題はできるようにこの時期に取り組んでしまいましょう。

 

◯まとめ

書くのは簡単ですが、実際にやるのはとても大変です。5教科ありますから。。
でも、1日6時間は勉強できる時間を確保して頑張れば平均点は超えられるはずです。
毎日6時間なんて、、と思いますが、テスト前の2週間だけです。気合いがあればできます。テストがない間もここまで勉強できる子は偏差値70以上の高校を目指しましょう。

 

家だと集中できない!すぐに聞ける人がいない!といった勉強場所と聞く先生が必要な方は是非まなびの樹にお越しください!

CONTACT CONTACT お気軽にご相談ください

お問い合わせ 見学のご案内